パニック障害に負けない自分を作る

パニック障害って、どのような症状なの?

ある日突然、思うように体が動かず、とりとめもない「恐怖心」が襲ってきます。
もしもこのような症状が思い当たれば、パニック障害の可能性が高いです。

 

パニック障害

■心臓がどきどきする、呼吸が苦しくなる
■めまいがしてくらくらする、吐き気がする
■電車や人ごみが怖くなり、自分が狂ってしまうのでは?死んでしまうのでは?と思う
■発汗、手足の震え、恐怖感に襲われる
これらの症状は、何の前触れもなく突発的に起こることが多いです。
場合によっては救急車に運ばれても、数十分後には元に戻るため、原因を特定できずに病院を転々としてしまう事もあります。

 

パニック障害

パニック障害とは?

外出時にめまいに襲われる、電車に乗れない、動機や心臓の鼓動が激しくなる、といった症状が起きます。
呼吸困難になるケースもあります。特に、心臓の鼓動が激しくなり動けなくなってしまうなどの症状。
突然の心と体の変化に自分を認めることができず、自分を責めてしまいがちですが、一度冷静になって、専門家の治療を受けるようにしましょう。

 

なぜパニック障害になってしまうのか?

忙しさや精神的ストレス、不規則な食生活、などから起こると言わています。
時代の流れも速く、技術の向上でだんだん、人と人のコミュニケーションが少なくなってきているのでしょうか。
何も起こっていないのに、恐怖感を感じてしまうのは脳の神経環境に問題が生じているためです。
また、パニック障害の症状は、心臓疾患に似ているため、「脳の問題」と判断できず治療が遅れてしまうケースが少なくありません。

 

必ず専門家に治療を受けるようにしましょう。

 

残業代請求
プリウス買取査定
アコム過払い